住職挨拶

住持問候

2021年7月

慈光2021年7月 慈光2021年7月
住職挨拶

「気づいていること」の大切さ

1ケ月ほど前、長時間パソコン作業をしたあとに、眼の充血が気になったため、眼医者を受診しました。点眼薬をもらって、3日ほどで無事、目の充血は治まりました。しかしその後、眼科の先生に勧められて、2つの検査を受けることにしました。

一つは血液検査です。目の充血が、何かのアレルギー反応によるものかもしれない、ということで検査したのですが、結果、杉花粉に対して、アレルギー反応が出ることが判明しました。

幼少期からお寺にいて、杉、ヒノキに囲まれた生活をしてきましたが、これまで、咳、クシャミ、鼻水などのアレルギー反応が出たことはありませんでした。なので、検査の結果は意外でした。

けれども、言われてみれば確かに、充血が酷くなる数日前から、山の間伐や、間伐で出た、杉枝の粉砕などを行っていたため、弱点である眼に反応が現れたのでしょう。

もう一つは、緑内障の検査でした。検査の結果は、正常ではないが、異常でもない。私の場合、強度の近眼であることもあって、本来なら丸い眼球が、ラグビーボールのように変形している。

さらに、空手で負った目の打撲などで、網膜が伸びて薄くなっている箇所があり、今後、その辺りが破れる可能性があるというのです。定期的に検査をしたほうがよい、との診断でした。

自分の体も確実に老化している。老病死の流れには逆らえない。そのように頭では理解しているつもりでも、こうして現実を突きつけられると、少しショックです。

けれども、痛みや違和感がハッキリと表面化したことによって、自分を振り返ることができる。「あまり無茶をせず、体を労おう」という気になります。

つくづく自分では気づかない弱点を指摘してもらえることは、「ありがたい」と思いました。

誰にでも長所と短所があります。

誰にでも強点と弱点があります。

心、技、体のそれぞれに、長所・強点があり、心、技、体のそれぞれに短所・弱点があります。善き人生をおくりたいと願うならば、自分の長短・強弱の両方を知って、それらを活かしたり、管理することが大切です。

人生の前半に課題となるのは、長所、強点です。自分の「長所、強みを知って、いかにそれらを伸ばすことができるか」が人生の質を大きく左右します。

人生の後半に課題となるのは、短所、弱点です。自分の「短所、弱みを知って、いかにそれらを補い、管理することができるか」が、余生の質を大きく左右します。

特に短所・弱点は重要です。それが自分には見えづらいからです。他人の短所・弱点は、放っておいても目につくのに、自分のそれには、なかなか気づきません。さらに短所・弱点は、認めがたい。誰かに短弱を指摘されても、「ああ、そうですね」とは認めがたいのです。

世の中には、長所を伸ばして、短所や弱点には目を向けるな、という指導者もいます。それも確かに正解です。けれども、若年者や初心者には正解であっても、年長者やその道のベテランともなれば、短所・弱点の管理不足が命取りになります。

完全無欠の人間はいません。

欠点がひとつもない人など、いないのです。

だからこそ、お釈迦さまは、「気づいていること」の大切さを強調されました。

仏教では、気づきを重要視します。

自分の外側だけでなく、内側に意識を向け、観察し、気づく。

自分の心。

自分の言葉。

自分の行い。

自分の体。

自分の仕事。

自分の結果。

無意識に、惰性で過ごすのではなく、自分自身に気づいていること。自我から離れ、自分を俯瞰して見つめること。

私たちの体は「六根(ろっこん)」と呼ばれる感覚器官を供えています。眼、耳、鼻、舌、身、意の六つの感覚器官です。体が痛いとき、心が苦しいときこそ、自分に気づくことができるのです。

今回、2つの検査を終えた後に、私の眼球映像を見ながら、先生が現状と今後の予防についてもご指導くださいました。画像を見ていて気づいたことがあります。

盲点です。

人間の目には、見ようとする点より耳側に、視野の欠けている点があります。眼球の網膜内側に視神経が入る部分で、そこは視野が一定部分欠損しています。

私の眼球の画像にも、楕円形の盲点が黒い影としてハッキリと写っていました。

私たちは普段、色々なものを見て、見たものをすべて知った気になっていますが、そもそも、見ているようで見えていない部分があるということです。

「自分の心に、自分の技術に、自分の知識に、自分の行いに、盲点がある」

「自分の心に、自分の技術に、自分の知識に、自分の行いに、弱点がある」

盲点は無くすことはできません。

弱点も無くすことはできません。

ただ、そのことに気づいているか、いないかで、人に対する謙虚さ、素直さが変わります。

ものごとに対する、慎重さ、丁寧さが変わります。何より、自分自身に対する、気づきと、観察力が変わります。

おかげさまで私は、ある程度丈夫な体に産み育ててもらいました。けれども久々に病院を受診し、短所と弱点に気づかせていただきました。

歳を重ねて傲慢になるのではなく、謙虚に、素直に精進していきたいと、あらためて思った次第です。

ワクチン接種が進みつつあるとはいえ、コロナウィルスの影響はまだしばらく続くことでしょう。けれども、今しかできないこと、今だからできることを、丁寧に、でも着実に進めていく所存です。

皆様もどうぞ、ご自愛ください。

願わくは、慈悲、知恵、仏性の三種を育み、心身堅固にして、大愚に一遇を照らさんことを。

合掌

令和3年7月吉日

佛心宗 福厳寺住職 大愚元勝

住持問候

“覺知”的重要性

大約一個月前,我用電腦工作了很長時間,擔心眼睛充血,所以去看了眼科醫生。開了眼藥水,用大約3天后,我的眼睛充血已經痊癒了。然而在那之後,我的眼科醫生建議我進行兩項檢查。

一種是驗血。我測試了眼睛充血可能是由於某種過敏反應,結果,我發現我對杉樹花粉有過敏反應。

我從小就在寺廟裡,生活在杉樹和柏樹的包圍中,但我從來沒有出現過咳嗽、打噴嚏或流鼻涕等過敏反應。所以測試的結果是出人意料的。

但是,如果問我,確實在充血嚴重的前幾天,我一直在伐樹,並壓碎伐樹產生的杉樹枝,所以我覺得我的眼睛裡出現了反應,而眼睛是我的一個弱點。

另一種是青光眼測試。檢測結果不正常,但也不異常。我的話,強烈近視是一個原因,原本圓潤的眼球像橄欖球一樣變形了。

此外,由於空手道造成的眼部瘀傷,我的視網膜也有拉伸變薄的部分,未來該部分有可能被撕裂。醫生診斷,我最好定期檢查。

我的身體肯定在老化。我不能逆著老病死的潮流。我想自己腦子裡已經明白了,不過,在面對這樣的現實,還是有點震驚的。

然而,通過痛苦和不適感已經清楚地表現出來,我可以回顧自己。這讓我想“應該照顧身體,不要過度使用”。

我很感激被指出了我自己沒有注意到的弱項。

誰都有長短處。

誰都有強弱項。

精神,技能,體格上,各有長處和強項。精神,技能,體格上,也各有短處和弱項。如果希望過上美好人生,瞭解自己的長短處,強弱項,利用它管理它很重要。

人生的前半,課題是長處和強項。瞭解自己的長處和強項,並發展它,會很大程度影響人生品質。

人生的後半,課題是短處和弱項。瞭解自己的短處和弱項,彌補並管理好它,會很大程度影響餘生的品質。

特別是短處和弱項,自身很難發現。對別人的短處和弱項,即使不刻意理會也能注意到,對自己卻很難發現。而且也不願承認。即使有人指出,也很難承認說:“啊,是這樣啊”。

世上有人說,發揮長處,不要在意短處和弱項。的確如此。但是,對年輕人或初學者是正確的,而對年長者或熟練的人來說,短處和弱項的管理不足卻是致命的。

沒有完美無缺的人。一個缺點都沒有的人是不存在的。

所以,佛祖才強調“覺知時刻”的重要性。

在佛教中,覺知很重要。

不僅外在,還要有意識地關注內在,觀察並覺知。

自己的內心。

自己的語言。

自己的行為。

自己的身體。

自己的工作。

自己的结果。

不要無意識的,惰性的渡日,要去感受自身自心。保持與自我的距離,俯瞰,並審視自己。

我們的身體有所謂“6根”的感覺器官。眼,耳,鼻,舌,身,意這六個感覺器官。身體疼痛的時候,心裡難受的時候,就會感受到自己。

這次,結束了2項檢查後,醫生邊看著我眼球的影像,邊告訴我現狀和指導我今後如何預防。看著片子,我有一個發現。

那就是盲點。

人類的眼睛,在視點靠近耳朵的那一側,視野處少一個點。在眼球的網膜內側,視神經所在處,在那裡,視野的一定部分是缺少的。

在我眼睛的片子裡,也清晰的拍出了橢圓形的盲點的黑色影子。

我們在平時,看著很多東西,覺得看到了的事物,並瞭解它們。其實是感覺看見了,還有沒看到的部分。

“自己的心,自己的技術,自己的知識,自己的行為,都會有盲點”

“自己的心,自己的技術,自己的知識,自己的行為,都會有弱點”

盲點不能消去。

弱點也不能消去。

但是,有沒有意識到這一點,對人的謙虛度和真誠度會有所不同。

對事物的謹慎度,認真度會改變。無論如何對自身自心的感受力,觀察力會有所改變。

很幸運,我生來,被父母養育得身體健康。但是偶爾去醫院檢查後,發現了自身的短處和弱點。

讓我再次覺得,不能隨著年紀的增長而變的傲慢,而要謙虛的,真誠的精進。

雖然新冠疫苗的接種慢慢的進行著,但是新冠疫情的影響還要持續一段時間吧。但要把只有現在才能做的事,正因為現在才能做的事,認真的,並切實的去進行。

請大家請保重身體。

希望培育慈悲,智慧,佛性這三種,堅固心身,於大愚以一隅照千里。

合掌

令和3年7月吉日

佛心宗 福嚴寺住持 大愚元勝